【怪獣8号】第16話ネタバレ

【怪獣8号】第16話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第16話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】16話ネタバレ

理不尽なまでの力の差に勝ち目はないとわかりながらも、市川は伊春が離脱するまでの時間を稼ごうとします。気合の雄たけびをあげた市川は反撃を開始しました。

離脱する伊春はその様子を横目で追いながら、市川が人型怪獣に恐れず戦えていることに驚き、足元で流れ弾が破裂して一度は足を止めますが、伊春は再び走りだします。

副隊長いわく、解放戦力には20~30%の壁があり、その壁を越えられる人間はわずか。伊春は、この2週間近く20%から伸び悩んでいました。

強くなることばかり考えていたのに、簡単に追い抜いていく存在がいたことに悔しさがこみ上げてきます。

人型怪獣は、市川が自分の攻撃を対処してきたことから、新たな攻撃方法を繰り出してきます。未知の攻撃を前にして、立ち尽くす市川。

攻撃の瞬間、伊春が市川に突進して救います。腹から血をこぼしながら、立ち上がる伊春。

「いいかレノ。お前が俺を守るんじゃねぇ。俺がお前を守るんだバカヤロー」

なぜ戻ってきたのか問いかける市川。戻らなきゃやられたと言い返す伊春。

しかし、人型怪獣は物も生き物も自分の許可なくしては出られないことを伝えます。ショックを受ける市川に対し、伊春は覚悟を決め、「一緒にアイツぶっ倒すぞ。レノ」と言い、伊春の援護を受けて市川が飛び出します。

伊春が撃った弾を人型怪獣はかわしたその瞬間、地面にめり込んだ弾から稲妻が走ります。伊春が使用した弾は、敵の動きを止める発雷弾だったのです。

「こりゃ動きづらい。あっちから止めるか」

人型怪獣はターゲットを伊春に変更しますが、伊春もまた、市川と同じように攻撃をかわして伊春は再び発雷弾を放ち、人型怪獣の足に命中させます。

「今だレノ!!」と伊春の掛け声を合図に、市川は戦力を最大解放した一撃を人型怪獣に向けて放ちましたが、銃撃を終えた先には、死骸の壁がありました。

「あー。その様子だとこれで、万策尽キた感じかな」と、壁をかき分けて無傷の人型怪獣が姿を現し、市川は人型怪獣から全身に攻撃を受けてしまいます。

保科のもとに、通信が入り、市川と伊春との連絡がとだえ、バイタルも感知できない状況だと知らされます。

カフカとキコルは、倒れている死骸の様子を見て、「キコル!この反応ってーー」、「うん。アイツが来てる」と会話をするのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第16話ネタバレをまとめました。

続きの第17話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第17話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次