【怪獣8号】第20話ネタバレ

【怪獣8号】第20話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第20話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】20話ネタバレ

「討伐する」

解放戦力92%の保科の一撃が、カフカに向けられようとしていました。

カフカは対抗しようとしますが、直前の自身による一撃で吹き飛んだ人型怪獣を思い出し、拳を保科に向けるわけにはいかないと躊躇っていたのも束の間、カフカの胴体は保科の刀によって切り裂かれるのです。

カフカは、加減して凌げる相手ではないと覚悟を決める。

カフカはスーツの能力を引き出したキコルの動きに感心してしましたが、保科の動きはもはや人間のものではありませんでした。

「刀伐術1式『空討ち』」

見えない斬撃が繰り出され、カフカは左手を切り飛ばされ、カフカはすぐさま左手を修復しますが、復元は体力の消耗が激しいことを知ります。

なおも続けられる保科の斬撃を、カフカは全力でかわしにいきます。

驚いているのは、カフカだけでなく保科も同様でした。

保科はかなり本気で攻撃していましたが、的確に刃を避けて軌道を外してくるカフカに対し、大怪獣レベルの存在だと認識し、「一気にギアをトップに入れさせてもらうで」と言い、保科は『刀伐術5式霞打ち』を放ちます。

それは、見えない刃の二連撃を囮にして繰り出される三連撃だったのです。

カフカの核に向けて、刃が突き立てられ、保科は手ごたえを感じたものの、その狙いはカフカに読まれていました。

カフカは保科の刀を拳でへし折り、その衝撃に保科は吹き飛ばされ、体制を整えたときにはカフカの姿はなく、保科は心の内で反省しながら、すぐさま通信で「怪獣8号。逃亡」と報告したのだった。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第20話ネタバレをまとめました。

続きの第21話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第21話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次