【怪獣8号】第25話ネタバレ

【怪獣8号】第25話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第25話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】25話ネタバレ

「この基地で一番強いのは誰だ」と本獣の問いかけに、保科が「隊長おらんし、まあ、僕やな」と答えます。

その言葉を受けて、本獣は保科を標的とすることを決め、本獣は保科に向けて指を弾き、保科はそれを咄嗟に避けた次の瞬間、今まで保科が立っていた場所の背後にあった宿舎の壁が、大きな音を立てて破壊されます。

恐るべき威力を目の当たりにして、保科を含めた防衛隊員たちが目を見開く。

そこへオペレーションルームから「出現した本獣のフォルティチュード数値は8.3」と通信が入り、大怪獣クラスであることが判明。

保科は斑鳩に対余獣の指揮をとるように指示すると、保科自身は本獣と対峙します。

「よぉしそれじゃ本格的に殲滅開始だ」

本獣が合図を送ると、余獣たちが反応。怪獣たちの狙いは基地そのものでした。

本獣が、保科に襲い掛かり、隕石みたいな威力を持つ拳をかわしながら、保科もまた刀で反撃しますが、何度斬りつけても、8号以上の硬さを持った本獣には大きなダメージは与えらないのです。

基地の各地では、他の防衛隊員たちが余獣と応戦。

カフカが通信で核のある背中を狙うように指示すると、新人隊員たちもライフルを手に討伐を開始しますが、余獣たちは連携して攻めてくるため、思うように背中を狙えません。

「背後がとれないなら、どう戦えばよいのか…。」

手をこまねいている新人隊員たちのもとに、キコルから「もう一つ手があるわよ」と通信が入り、突如として現れたキコルが余獣を一撃で仕留めます。

「私が圧倒的なパワーでぶち抜けばいいのよ!」

新人隊員たちの目の前に姿を現したキコルは、自分の背の丈ほどもある巨大な斧をその手に持っていた。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第25話ネタバレをまとめました。

続きの第26話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第26話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次