【怪獣8号】第28話ネタバレ

【怪獣8号】第28話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第28話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】28話ネタバレ

ボゴボゴと音を立てて本獣の変異が始まったその瞬間、変身していないのに、カフカの察知能力がはたらきます。

本獣は町を見下ろすほどの大きさに変異し、超高温の蒸気を吐き出したのです。

放熱を終えた本獣は、フォルティチュード9.0。

もはや保科一人で手に負える相手ではありません。

保科は器用に本獣の体を駆け上り、核を狙って刀で斬りつけますが、刃は通り切らず、速さで押して背後の核への一転突破を狙いますが、保科の体に異変が起き、足を止めた保科の顔からは鼻血が出ていました。

スーツの能力を全開放してから10分以上経っていたため、駆動限界がきたのです。

「せいぜいあと1分ってとこか」と呟いた保科の周りには余獣が集まってきます。

本獣が合図すると、余獣は自爆して爆風を保科に叩きつけますが、爆風を煙幕として逆に利用し、保科は本獣の背後に移動。

しかし、本獣の背中には無数の目があり、保科は補足されてしまいます。

本獣の拳を叩きつけられた保科は建物を倒壊させながら吹き飛ぶ姿を見て、口に両手を当て息を飲む小此木。

蒸気を吐き出したスーツの音声が告げ、「駆動限界。全開放解除」 と保科の名を呼ぶ小此木の悲鳴が響く。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第28話ネタバレをまとめました。

続きの第29話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第29話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次