【怪獣8号】第3話ネタバレ

【怪獣8号】第3話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第3話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】3話ネタバレ

3か月が経過し、怪獣化したカフカは防衛隊発足以来初の未討伐事件として、テレビで連日報道されます。怪獣化したカフカに防衛隊がつけたコードネームは「怪獣8号」でした。

モンスタースイーパーの事務所で報道を見ていた市川は、上司から書類を渡されます。それは、カフカと市川の防衛隊第一次試験の合格通知でした。

市川は、急いで現場にいたカフカへ朗報を伝えに行くと、弁当を食べる怪獣化したカフカがいました。

市川レノ

「なんで丸出しなんだよ!!」

とツッコミを入れるレノ。

カフカは人間に戻ることが出来たものの、気を抜くと怪獣化してしまうようになっていたのです。

一息ついたところで、市川は第一次試験の合格をカフカに伝えますが、いつも第二試験で落ちると言うカフカはあまり喜びません。

書類と筆記の一次試験と違い、二次試験は周りが隊員だらけの防衛隊基地で行われ、万が一そこで怪獣化した場合、カフカは即殺処理される恐れがあるとレノは改めて問いますが、カフカは

日比野カフカ

「それでも受ける」

と答えます。なぜなら、32歳のカフカにとって、今回の試験はラストチャンスだったからです。

10日後、カフカと市川は選抜試験会場である立川にいきました。目の前には、巨大な防衛隊立川基地がそびえたち、もちろん周りには大勢の防衛隊員がうろついています。

試験会場に向かおうとするカフカでしたが、突然、背後から声をかけられ振り返ると、同じく試験の受験者と思われる学生服姿の少女が立っていました。そこでいきなり、初対面にもかかわらず、カフカの車が邪魔で車が止められないことを伝えます。

しかし、駐車場はガラガラ。他に止める場所はあるのですが、少女いわく今日のラッキーナンバーが5だから、カフカが車を止めている55番に止めたいとのことでした。

礼儀知らずの少女に対しカフカは怒りますが、車を動かさない様子を見て、少女は服を脱ぎだし、服の下には防衛隊が着ているものと似たスーツを着込んでいました。車を持ち上げ、強引に移動した少女は

四ノ宮キコル

「受験番号2016番四ノ宮キコル。趣味は怪獣殺し。覚えときなさい!」

と名乗ります。そしてキコルは、カフカに近づくと何やら臭いを嗅いで

四ノ宮キコル

「おじさん。なんか怪獣臭くない?」

と言うのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第3話ネタバレをまとめました。

続きの第4話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第4話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次