【怪獣8号】第32話ネタバレ

【怪獣8号】第32話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第32話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】32話ネタバレ

全てを目の当たりにしていた保科は当初、違和感は持っていましたが、カフカの人間性に惹かれて、その可能性から目をそらしていてしまったのです。

市川とキコルが変身してしまったカフカを心配しますが、超巨大余獣爆弾が炸裂してしまえば、ほとんどの隊員が死ぬことは明らかでした。

「副隊長が、あんだけ体張って戦ったんだ」

「俺だけ自分の身守ってていいわけねえだろ!!」

怪獣8号は脚部に力を込めて、遥か高く跳躍し、己の拳を超巨大余獣爆弾に叩きつけると大きく空へと跳ね上がり、その光景を見て、防衛隊員たちは驚愕します。

怪獣8号が地面に着地すると、ミナが「その場に伏せて、シールド全開だ!!」と指示し、爆弾は上空で炸裂。

瓦礫の混ざる爆風が怪獣8号と防衛隊員たちを襲いますが、爆弾の被害は最小限で抑えられました。

怪獣8号は、腕も足もボロボロで、年甲斐もなく無茶したことを恥じながら、カフカは心の中で市川とキコルに謝ります。

そこにミナが近寄り「日比野カフカ。いや、怪獣8号。身柄を拘束する」と告げ、ミナと防衛隊員たちは、怪獣8号に向けて銃を構えたのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第32話ネタバレをまとめました。

続きの第33話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第33話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次