【怪獣8号】第4話ネタバレ

【怪獣8号】第4話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第1話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】4話ネタバレ

「おじさん。なんか怪獣臭くない?」

いきなり訪れた危機に対して、市川は自分たちが怪獣処理の仕事をしているからだと誤魔化しますが、カフカは怪獣の力をこっそり使って倒された自分の車を起こします。

四ノ宮キコル

「ま、まさか、あいつもプライベートスーツを⁉」

と驚愕するキコルに対し、カフカは対抗心をむき出しにし、

日比野カフカ

「受験番号2032。日比野カフカだ。覚えとけおじょーちゃん!!」

と言い、キコルもまた、カフカに対して

四ノ宮キコル

「吠え面かかせてやる」

と言い返すと、その場を立ち去ります。

こうして、後に過去最難関と評されることとなる二次試験が始まるのでした。

二次試験は二部制であり、一部が体力検査で、二部が資質検査。二部は毎年内容が変わる不確定要素であるため、確実に一部で結果を残したいカフカでしたが、30代の体力の衰えにより、225人中219位となってしまいます。

四ノ宮キコル

「早かったわね。吠え面かくの」

と優越感に浸った顔で、5位の印をつきつけるキコル。他の受験者に対して卑怯だからという理由で、怪獣の力を使わなかったカフカは、すぐに後悔する羽目になります。

ブランクがヤバいと嘆くカフカですが、カフカの順位の原因はそれだけではありませんでした。

場所は変わり、防衛隊基地内部。

ミナの元に、二次試験受験者の名簿が置かれ、隊員が「今回の試験は注目株が多くて面白そうだ」と話を切り出したのですが、普段、そんなことに興味を持たないミナは、名簿の中にあったカフカの写真に目が留まると、珍しく話を続けるように言います。

場面は試験会場に戻り、同じく市川がカフカに対して受験者の説明をします。

東京討伐大学主席卒業の出雲ハルイチ。八王子討伐高専主席卒業の古橋伊春。さらに、陸自の若手ホープ神楽木葵。本来なら現場志望ではなく、幹部候補になるようなエリート中のエリートが、今回の試験では大勢参加していたのです。

その最もたる存在が、16歳でカルフォルニア討伐大学を飛び級で最年少首席卒業し、史上最高の逸材と謳われる少女、四ノ宮キコルでした。

もはや崖っぷちに立たされたカフカでしたが、市川はまだ希望はあると告げます。

その理由はここ2年間、二部試験には怪獣の死骸処理が採用されているため、死骸処理のベテランであるカフカにもチャンスがあるというのです。

そして、ついに二部試験が始まり、期待に胸を膨らませるカフカと市川でしたが、その内容はなんと怪獣の討伐。 期待を裏切られて驚愕するカフカと市川に対して、キコルはひとり満面の笑みを浮かべるのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第4話ネタバレをまとめました。

続きの第5話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第5話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次