【怪獣8号】第43話ネタバレ

【怪獣8号】第43話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第43話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】43話ネタバレ

怪獣9号は、怪獣8号の反応を察知して出現していました。

しかし、そこにいたカフカを見て「もしかシて、キミが怪獣8号?」と気付きます。

カフカは9号から肩を抉られ、変身を試みますが、再び失敗。

カフカが変身できないことを知った他の第1部隊の隊員たちが、鳴海が援護に向かおうとしますが、鳴海の前にも新たな怪獣が現れます。

それは、もう1体の怪獣9号だったのです。

また、現場の各地では倒したはずの蟻型怪獣が復活し、過去の例と同じく、蘇生後の怪獣は強度が上昇していました。

一度は防衛隊が支配していた戦況が、一気に覆されてしまいます。

9号は「君を殺シて、強大な怪獣の力をもらう」と言いました。

見えない攻撃を前にして、苦戦するカフカは何度も変身を試みますが、全てが途中で解除されてしまいます。

危機的状況のカフカでしたが、突如として現れたキコルが9号を斧で真っ二つにします。

復元しながら、9号が「君は誰ダっけ?」と問い、キコルが「覚えてなくて結構よ。どうせ今日殺すから」と答えるのだった。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第43話ネタバレをまとめました。

続きの第44話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第44話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次