【怪獣8号】第47話ネタバレ

【怪獣8号】第47話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第47話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】47話ネタバレ

怪獣8号の活躍を目の当たりにした司令部の人間がみな、呆然とします。

9号は核を損傷したことにより再生に時間がかかってしまい、分裂した個体に合流するよう求めますが、分裂した9号もまた、鳴海を相手に苦戦していました。

鳴海の戦力を全開放して、斬撃と銃撃の波状攻撃を仕掛けます。

最初は苦戦しながらも、9号は戦いの中で進化することで、鳴海の戦術に対応していき、9号は体を根のように張り巡らせると、鳴海の周りを自身の浮腫で取り囲み、鳴海に向けて大爆発が起こります。

その様子を司令部で見ていた功と伊丹は、冷静に9号を分析。

功は、9号を人との関わりの中で変化し続けるウイルスのような怪獣と称し、伊丹は、9号は脅威の存在だと感想を述べました。

そこへ鳴海から「けど大丈ー夫!! ボクがその上をいく脅威だから」と通信が入ります。

9号の攻撃を受けても無傷だった鳴海は、瞳に十字のような模様を浮かべ、9号はそれを怪獣のような眼と指摘すると、見切ったはずの鳴海の攻撃が9号に命中。

Rt(レティーナ)-0001。鳴海のもう一つの専用装備は、1号の網膜から造られた、日本最古の識別怪獣兵器だったのです。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第47話ネタバレをまとめました。

続きの第48話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第48話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次