【怪獣8号】第49話ネタバレ

【怪獣8号】第49話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第49話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】49話ネタバレ

崩れ行く9号の頭部と言葉から察したカフカが叫びます。

「鳴海隊長!! こいつ本体じゃない!!」

その9号の本体は、司令部に出現していました。

新たに現れた9号は、倒された個体以上の威圧感を放っており、狙いが長官であることに気づいたカフカ、鳴海、キコルが司令部の方向へと駆け出します。

9号の狙いは自身が持つ2号の力だと功も察し、総員退避を指示すると、伊丹と乃木坂に避難と統率を頼み、乃木坂は自らも戦おうとしますが、伊丹から邪魔になると引き留められます。

功は両腕に2号ベースのアームを装備して9号と対峙。

功は先手を打ってカフカを第一部隊に加えたつもりでしたが、既に9号の進化はそれを上回っていたのです。

過去の報告では、9号のフォルティチュードは8.5でした。

それならば、今の功でも対処可能だと伊丹は予測しますが、9号の膨れ上がった右腕が功に向けて振り落とされると、受け止めきれなかった功が地面にめりこみます。

それには9号も予想外だったのか、思わず「あれ? ボク強くなりすぎちゃっタかな」と言葉を漏らします。

伊丹は戦慄しました。

9号は、想定の遥か上に進化していたのです。

功にとどめを刺そうとした9号でしたが、反撃により阻止。

功は起き上がると、拳を構えました。

「それでも貴様は、今日この場で私が始末する」

まとめ

本記事では、怪獣8号の第49話ネタバレをまとめました。

続きの第50話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第50話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次