【怪獣8号】第5話ネタバレ

【怪獣8号】第5話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第5話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】5話ネタバレ

第3部隊副隊長の保科宗四郎が、

保科宗四郎

「怪獣を討伐してもらう」

と二部試験の内容を受験者に伝えます。

試験に挑む受験者に、防衛隊が使用しているスーツが支給され、オペレーターにより、市川の解放戦力は8%と告げられました。

解放戦力とは、スーツの力をどれだけ引き出しているかの数値で、保科が訓練を積んだ一般隊員で大体20%と説明する最中、キコルが46%という小隊長クラスの数字を叩き出します。

また、注目株と評される受験者たちも次々と10%超の数値を計測し、保科は過去最高の豊作年ではないかとつぶやき、市川に対しても次のように告げる。

保科宗四郎

「0%でなければ現時点では合格だ」

保科は、0%を出した受験者を一度も見たことがないので大袈裟に表現したつもりでしたが、そこでカフカがまさかの0%を計測するのです。それを笑いものにしますが、駐車場でカフカが車を動かす姿を見ていたキコルは、カフカが実力を隠していると思い、心の中で焦れったいとぼやきます。

受験者全員がスーツを着たところで、最終審査が始まります。ターゲットは演習場に配置された本獣と36体の余獣。

受験者にはそれぞれ1台の自動追尾ドローンが付き行動をモニターされ、試験者側が命の危険を察知した場合は、遠隔でスーツのシールドを起動しますが、それは失格を意味するものと知らされます。

先陣を切って余獣の討伐をする注目株の受験者たちに対し、スーツの力を引き出せず、攻撃能力のないカフカと市川は戸惑い、特にカフカは、スーツのサポートがないために動くだけでも一苦労でした。

そこへ、保科が最終試験はミナも審査に入っていることを伝え、幼馴染のミナが見ていることを知ったカフカは冷静になります。何故、審査側がわざわざドローンを1台ずつ受験者に付けたのか。

その意味を察したことで、カフカと市川は攻撃手の受験者のサポートに徹することを決めるのです。長年の解体作業からの経験を武器にして、的確にサポートするカフカ。

怪獣の力を使わなくても、手ごたえを感じたその瞬間、突如として現れた余獣から、カフカは攻撃を受けてしまうのだった。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第5話ネタバレをまとめました。

続きの第6話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第6話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次