【怪獣8号】第51話ネタバレ

【怪獣8号】第51話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第51話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】51話ネタバレ

功が放った一撃は、指向性エネルギー攻撃でした。

それは、札幌を壊滅させた2号の主攻撃力であり、人間の体で放てば明らかに身がもたないものでした。

その凄まじい威力は、9号の核を露出させますが、9号はこれに耐えるように進化をしてきたといい、防御に極振りした形態に変化します。

そこへ功が繰り出したのが、2発目のエネルギー攻撃でした。

予想外の2連撃を受け、9号の体は吹き飛ばされ、突き抜けたエネルギーは遠くの高層ビルすら倒壊させます。

カフカは突如起こった現象に驚きながらも、鳴海と合流して、二人で司令部へと走ります。

来栖は起き上がると、パソコンのモニターで功の様子を確認。

そこに映し出されたのは、立ち尽くす功と、原形を留めていない9号の姿でした。

9号の体がボロボロと崩れ落ち、来栖が歓喜したのも束の間、9号は骨格だけ残し生き延びていました。

「こレがニンゲンの限界。キミの体がカイジュウなら、ボクの負けだっタのに」

来栖は功に退避を求めますが、全力を出し尽くした功に意識はありませんでした。

「さあ2号。怪獣に戻ろウ」

カフカと鳴海が、ようやく司令部のあった場所に到着しました。

二人の視線の先には、功の姿が見えたのだった。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第51話ネタバレをまとめました。

続きの第52話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第52話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次