【怪獣8号】第52話ネタバレ

【怪獣8号】第52話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第52話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】52話ネタバレ

鳴海には、かつて聞かされた言葉が浮かんでいました。

「最強の部隊の編成が終わったら、私は戦闘から完全に退くつもりだ」

「鳴海、防衛隊を、この国を頼んだぞ」

それを言った相手は今、鳴海とカフカの前にいます。

カフカは功が生きていたことに安心しますが、瞬間的に察知。

「鳴海隊長!! それは長官じゃない!!」

功の姿をしたそれは、カフカと鳴海に向けて攻撃を仕掛け、その威力は爆発のような現象を起こし、爆風の奥から現れたのは、怪獣9号だったのです。

鳴海は通信で功に呼びかけますが、9号は言います。

2号の適合者は自分が殺して融合したことを。

激高した鳴海は、それを信じようとはしませんでした。後からキコルがやってきますが、カフカは9号の顔を見るなと叫びます。

鳴海はRt-0001を発動して、9号を討伐しようとしますが、9号は背中から羽を生やしてその場から逃げようとします。

9号が言うには、融合直後は拒絶反応が出るとのことでした。

もちろん、鳴海は9号を逃がそうとしません。

9号に対して回避不能の攻撃を繰り出しますが、9号の防御性能は鳴海の攻撃力を上回っていました。

カフカもまた9号にパンチを放ちますが、いとも簡単に受け止められてしまいます。

新たに進化した9号は、8号の力すらも凌駕していたのです。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第52話ネタバレをまとめました。

続きの第53話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第53話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次