【怪獣8号】第6話ネタバレ

【怪獣8号】第6話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第6話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】6話ネタバレ

余獣の一撃を受けたカフカは吹き飛ばされ倒れますが、余獣はさらに追撃を行おうとしています。

試験側は、遠隔シールドの準備を始め、カフカも過去の経験からそれを察知し、

日比野カフカ

「遠隔シールドを張られてしまうと失格になってしまう」

と焦りますが、カフカにはなす術がありません。

オペレーター「小此木」が、遠隔シールドをしようとしたその瞬間、襲いかかろうとした余獣が何者かの銃撃によって倒されます。

四ノ宮キコル

「私のいる戦場で犠牲者なんて出させない」

カフカが視線を移した先には、銃を構えるキコルがいました。

四ノ宮キコル

「私が華麗に片付けてくるからあんたはそこで無様に転がってなさい」

とカフカに背を向け、走り出すキコル。狙いは本獣で、走りながらも余獣を始末していくキコルの戦闘力の高さに、周りの受験者は息を呑みます。

カフカのもとに、試験官から通信が入り、「余獣の攻撃によるバイタルの異常」「複数箇所の骨折」「内臓の損傷」も疑われ、保科はリタイアを促しますが、カフカは

日比野カフカ

「今度はぜってー諦めねぇ!!」

と断ったのです。

立ち上がったカフカに、市川が

市川レノ

「俺がフォローします。やれるだけやりましょう」

と手を差し伸べます。

その言葉を受けたカフカは、市川に肩車をさせて試験を再開します。機動力は市川。戦闘はカフカが受け持つ作戦で、二人はキコルを追いかけ、他の受験者もまた同じく追いかけるのでした。

しかし、キコルの猛攻には誰も追いつけず、注目株とされている受験者ですら援護する隙のないまま、キコルは本獣にたどり着き、その本獣ですら瞬殺。

最終審査は終わりを迎え、キコルの活躍だけが目立った試験内容に、防衛隊員たちは呆気に取られてしまいます。今まで一言も喋らなかったミナですら

亜白ミナ

「噂以上だな。四ノ宮キコルは」

と口を開きました。

30人程度のリタイアを想定していたものの、0人のままで怪我人も最小限。キコルがもたらした戦果に、保科はキコルを希望の光と称します。

四ノ宮キコル

「私、完璧にやれたわよね。パパ」

キコルはそう呟いた後、帰還しようとするものの、背後の存在に気づき振り返ります。そこには、討伐リストに入っていない小型怪獣が存在し、怪獣がキコルを指さすとキコルの胸に風穴が空くのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第6話ネタバレをまとめました。

続きの第7話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第7話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次