【怪獣8号】第60話ネタバレ

【怪獣8号】第60話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第60話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】60話ネタバレ

伊春は、市川は適合試験に失敗した時、どこか安心している自分がいたことに気づいていました。

自分の先を行こうとする市川に、伊春はなんとか食らい付こうとします。

後日、第4部隊による怪獣討伐が行われます。

そこには、6号スーツをまとる市川の姿がありました。

緒方は、1か月で実践可能な数値を出した市川に驚きます。

市川は現在の解放戦力値ではキコルに大きく劣るものの、上昇速度では彼女を遥かに上回っていました。

緒方は市川を天才と認めますが、訓練通りにいかないのが実戦です。

分坑峠討伐作戦が開始。

相手の怪獣は土竜67型と呼ばれ、67年に初出現して以降、5年周期で発生している怪獣です。

作戦の要は、適合者試験中の市川であり、小隊がフォローに回る形となります。

市川が緒方に与えられた時間は10分間。

市川は、短い時間の間に結果を出そうと奮闘。

6号スーツは冷気が主とした能力であり、市川も最初は戸惑いつつも徐々に戦い方に

慣れていきます。

一方、市川の後を追う伊春は、市川の速度と攻撃力に圧倒されるばかり。

スーツを使いこなし始めた市川に対し、伊春は「置いてかないでくれよ」と思うのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第60話ネタバレをまとめました。

続きの第61話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第61話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次