【怪獣8号】第61話ネタバレ

【怪獣8号】第61話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第61話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】61話ネタバレ

高専時代の伊春は無敵で、脳は学ぶもの全てを吸収して、体は鍛えるごとに強くなっていきました。

亜白ミナ、鳴海弦、四ノ宮功の3人に並べられるような存在になれると、信じて疑っていませんでしたが、実際は1体の余獣にすら苦戦する始末です。

焦りの末、余獣の攻撃を受けてしまった伊春に緒方から「時には退くことも必要だよ」と通信が入ります。

その通信は、伊春にとっては自身の情けなさを感じさせるものでした。

入隊してから、伊春の成績はピタリと止まってしまいます。

本物の才能たちを目の当たりにして、自分はそっち側ではないと突き付けられる日々が続き、いくら足掻こうとも、差は広がる日々でした。

そして、本当の才能の怪物が、視界の外から現れます。

それが市川レノでした。

市川が本獣と遭遇し、スーツを全解放。

市川はライフルと冷気のコンビネーションで戦いますが、本獣の核には届きそうにないことを察すると、最初は43%だった解放戦力を徐々に上昇させていきます。

戦いの中で成長しているとオペレーターは誤解しますが、緒方はそれが危険な兆候だと気付きます。

市川の解放戦力が51%に上昇すると、表情はより険しいものへと変化していたのです。

伊春が、市川の異変にようやく気付きました。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第61話ネタバレをまとめました。

続きの第62話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第62話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次