【怪獣8号】第8話ネタバレ

【怪獣8号】第8話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第8話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】8話ネタバレ

時は少し遡り、カフカたち受験生が余獣を食い止めています。

防衛隊がまもなく来ることを予測し、カフカたちもシェルターに避難しようとしますが、逃げてきた他の受験生が、キコルが本獣を足止めしてることを聞くのです。

市川は、カフカにどうするか相談しようとしますが、振り返るとカフカの姿は既にありませんでした。

キコルを助けに行ったことは確かですが、周りに防衛隊や受験生がいる中で、変身しないだろうかと市川の胸に不安がよぎります。

怪獣8号として指名手配されている変身した姿は、誰かに見つかれば間違いなく殺されてしまうからです。

しかし、市川は確信します。カフカという男は、こういう時には迷いなく変身する人だと。

場面は変わり、キコルの目の前にはやはり変身したカフカがいました。

怪獣化したカフカに驚愕するキコル。先ほどの小型怪獣との関連性を疑いますが、カフカは怪獣化した姿を内緒にするよう懇願します。

そこへ、本獣からエネルギー波が再び放たれますが、カフカはそれを拳でいとも簡単に弾きます。

「詳しい話は後だ。秒でぶっ飛ばすから、安心して休んでろ」

一方、防衛隊もまた新たな怪獣の反応をキャッチします。フォルティチュードの数値は9.8。保科は計測器の故障を疑います。そうでなければ、歴史に残る大怪獣が現れたことになってしまうからです。

場面は戻り、カフカと本獣の戦闘が始まりました。

「わりーな。時間ねーから1発で解体するぜ」と本獣の巨大な拳に向けて、カフカもまた力を込めた拳をぶつけ、凄まじい衝撃が、近くにいたキコルを襲います。カフカのパンチを受けた本獣は、言葉通り1発で解体され、そのあまりの強さに、キコルは空いた口が塞がりません。

戦闘が終わり、「無事でよかった」とカフカは素顔でキコルに笑いかけた後に「お前もうちょっと自分を大切にしろよな」と忠告しますが、「あんたもな!」と後から追いかけてきた市川がカフカにツッコミを入れられます。案の定、変身していたカフカに対して市川は怒ります。カフカも最初は部分変身で対処するつもりでしたが、本獣の実物を見たら無理だったと言いました。

二人が言い合いをしていると、ついに限界を迎えたキコルが気絶してしまいます。 時を同じくして、演習場にミナと保科が到着したのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第8話ネタバレをまとめました。

続きの第9話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第9話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次