【怪獣8号】第9話ネタバレ

【怪獣8号】第9話ネタバレ

本記事は、怪獣8号の第9話のネタバレ記事となっております。

ネタバレが嫌いな人は、ここでページを閉じてebookjapanで試し読みをお楽しみください。

前話はこちら
目次

【怪獣8号】9話ネタバレ

ミナと保科が演習場に着いたとき、事態はほとんど収まっていました。

オペレーションルームからミナに通信が入り、カフカ、市川、キコルがシェルターに避難したことが知らされ、これで全ての受験者が保護されたことになり、保科は、余獣の死骸が怪獣8号が現れた日の怪獣死骸と似ていることを疑問に思い、関連性を疑うのです。

試験が終わり、カフカと市川は病院に運ばれ、「また入院か」と落ち込むカフカ。キコルもまた命に別状はなく、別の場所で治療が行われていることを伝えられます。

カフカは、一日の試験を振り返り、夢を追うことは一番譲れない大事なもので、毎分毎秒誰かに負け続けることだということ、またそんなこともどうでもよくなるくらい熱くなれることを。

自分の背中を押してくれた市川に、カフカは礼を言うと、そこへミナが現れます。

ミナは、キコルの救助を感謝するのみで病室を立ち去り、カフカはミナに声をかけようとしますが、止めることにし、実際に声をかけるのは隊員になれてからだと、決意を新たにするのでした。

場面は変わり、東京都国分寺市。公衆トイレの中で、試験会場の事件を聞く者がいました。それは演習会場に現れた小型怪獣だったのです。小型怪獣は、犠牲者が0であったことに不満な様子。

そこにスマホに着信が入り、小型怪獣が電話に出ると、休憩時間が終わっていることを注意されます。やる気のなさそうな返事をして、小型怪獣は人間の姿に変化して公衆トイレから出ると、外にはモンスタースイーパーの制服を着た男たちが待っていて、新入りと呼ばれた小型怪獣もまた、同じ制服を着ていたのでした。

まとめ

本記事では、怪獣8号の第9話ネタバレをまとめました。

続きの第10話のネタバレを知りたい方は、こちらの【怪獣8号】第10話ネタバレをどうぞご覧ください。

全話ネタバレはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次