【怪獣8号】怪獣1号について徹底解説

【怪獣8号】怪獣1号について徹底解説

怪獣1号は、怪獣6号や10号と同じ大怪獣クラス。今回はそんな大怪獣「怪獣1号」について徹底的に解説します。

本記事を読めば、怪獣1号について網羅的に知ることができますよ。

人気記事
目次

【怪獣8号】怪獣1号について徹底解説

さっそくですが、ここからは怪獣1号について下記の項目で解説していきます。

  • 怪獣1号とは?
  • 怪獣1号の強さは?
  • 怪獣1号は誰に討伐された?

1つずつ解説していきますね。

怪獣1号とは?

怪獣1号は識別番号を付与された怪獣としては最古の怪獣で、怪獣2号が1972年に討伐されたので、それ以前に討伐されていることになります。

また、長官の四ノ宮功が体験談ではなく、記録から情報を引用していることから、相当前に出現した怪獣であることが考えられます。

その記録によると、未来視の怪獣と呼ばれ、回避不能の攻撃をする恐るべき怪獣であったとのことでした。

見た目は、大型の蟻のような生物の頭部からさらに上半身が生えていて、怪獣9号のような顔と両腕がついており、そして、脚や腕のようなものが数多く生えています。

他にも、体自体が透けており、臓器や骨格が外から分かる構造をしていたりとかなり特徴的なのですが、実際には登場していないため、性格などはどうであったか分かっていません。

恐らく、怪獣として再登場することはないでしょう。

ちなみに識別番号とは、大怪獣につけられるコードネームのことで、発見された個体から順番に、1号、2号と名前がつけられます。

識別怪獣は、討伐後、防衛隊にて検査や実験が施され、兵器化されることがあり、この兵器化したものをナンバーズと呼び、防衛隊員はこれを使って戦闘に挑んでいます。

怪獣1号の強さは?

怪獣1号の能力は、未来視により回避不可能な攻撃を相手に確実に与えられるというものなので、敵にとっては、見切ったはずの攻撃がかわせないという事態に陥ることになります。

具体的には、1号の目の網膜は生物の運動時に脳から発せられた信号を視覚化することで、本体の体が動くより先にそれを察知できるというもの。

この能力は鳴海弦がナンバーズとして使用したときに使ったものなので、もし1号がこの能力を持ち合わせていたのならば、相当な強さであったことが考えられますが、フォルティチュードは分かっていません。

怪獣1号は誰に討伐された?

怪獣1号は、誰に討伐されたのか分かっていません。

現在は、識別怪獣兵器のナンバーズ1として、防衛隊第1部隊隊長である鳴海弦が使用しています。

使用する時は、鳴海の眼は十字架のような模様になり、鳴海はこの未来視を使用して戦うことで、現防衛隊トップの実力を誇っています。

【怪獣8号】怪獣1号まとめ

本記事では怪獣1号について解説しました。姿・形のわからない怪獣ですが、鳴海弦が使うナンバーズ1を見る限りでは、かなりの怪獣だったと予想できます。

当サイトでは、このような「怪獣8号」に関する記事を網羅しているので、気になることがあればどうぞ回遊ください。

人気記事
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次