【怪獣8号】武器一覧!(ナンバーズ・専用武器・刀・銃・防具まとめ)

目次

【怪獣8号】武器一覧!(専用武器・刀・銃・防具まとめ)

防衛隊武器(一般隊員が使う銃など)

防衛隊員は、武器を装備し戦っていますが、その多くはピストルやライフルのような銃タイプを使用しています。ライフルに使用されるソケットはユニソケットと呼ばれ、怪獣の特性を発揮する器官(ユニ器官)およびそこからの分泌物を収納したソケットになっています。そしてユニソケットには、炸裂弾や凍結弾などの種類があり、隊員たちは怪獣に合わせて相性の良いユニソケットを選択して戦います。
そして、隊長格の隊員になると専用武器が与えられます。一般隊員が使用する武器とは造りや大きさが変わり、おそらく隊長レベルの実力があるからこそ使いこなせる仕組みの武器になっています。斧タイプや刀タイプのように、銃タイプとは違った種類の武器もあります。

防衛隊スーツ

防衛隊スーツとは、防衛隊員が戦闘時に着るスーツであり、怪獣の筋繊維や細胞を組み込んだ生体兵器のことを言います。解放戦力が高いほど、スーツと深く同調して力を引き出すことができます。身体と一体化するような同化感覚があり、筋力が数段上がったような実感があるそうです。また、他にも機能があり、スーツの怪獣筋肉で傷口を圧迫止血できたり、外部からは怪獣筋肉繊維が正常に作動しているかやバイタル変化などが分かったりします。ちなみに、この防衛隊スーツを作っているのは、出雲デックスという、対怪獣兵器の国内最王手の会社であり、出雲ハルイチはこの会社の御曹司です。

亜白ミナの専用武器

巨大な機関銃を使用しています。弾はおそらく5弾まで装填可能であり、1発で本獣を仕留めるだけの威力があります。そして、その反動を支える役割を果たしているであろう、虎の伐虎を帯同して戦っています。

保科宗四郎の専用武器

2本の短刀を使用しています。超高速の近接戦を得意としており、隊式刀伐術から繰り出される技は、どれも人間離れした動きで高速スピードを誇ります。

鳴海弦の専用武器

大型の銃剣タイプの専用武器(GS−3305)を使用しています。刃による斬撃と銃による連撃がこの武器の特徴であり、遠近ともに隙のない戦闘スタイルを確立させています。

【怪獣8号】武器一覧!(ナンバーズ・専用武器・刀・銃・防具まとめ)

ナンバーズとは、怪獣8号のように識別番号がついた強力な怪獣をベースに開発された兵器のことです。怪獣は討伐された後、拘束され検査や実験などが行われ、そこからナンバーズが造られているそうです。ナンバーズは誰でも使用できるわけではなく、同調した隊員にしか使いこなせません。そのため、適合者となりナンバーズを使用するためには、適合者として相応しいか、テストを受けるなどして適正を見極める必要があります。もしナンバーズを使いこなすことができれば、単騎で大怪獣を処理できるほどの強力な武器であるため、相当な実力を手にすることができます。しかし、その反面、過大な負荷と最前線での戦闘機会の増加により、使用者の半数は除隊前に命を落としています。そして、ナンバーズの全解放は、負荷が強すぎて使用者の命を削るとまで言われており、それだけリスクの伴う兵器であるものになっています。

怪獣1号

ナンバーズ1(Rt-0001)は、鳴海弦が使用しています。ナンバーズ1は、怪獣1号の網膜から造られた日本最古のナンバーズであり、未来視と言われています。生物の運動時脳から発せられる信号を視覚化することで、本人の体が動くより先にそれを察知します。つまり、相手に確実に回避不能の攻撃を与えることができると能力ということです。

怪獣2号

ナンバーズ2(FS-1002)は、怪獣9号に囚われるまで四ノ宮功が使用していました。ナンバーズ2は、破壊力が凄まじく屈しない気位の高さを持つ大怪獣であった怪獣2号をベースに造られたスーツとアームです。2号が多用していた近接戦の技を繰り出すことが可能となり、隊式格闘術を使用して戦うことができる武器になっています。

怪獣4号

ナンバーズ4は、かつて四ノ宮ヒカリが使用していました。怪獣4号から造られたスーツを身に纏い、槍のようなタイプの専用武器を使用し戦っていたようです。しかし、戦闘の詳細などは描かれていないため、詳細は分かっていません。

怪獣6号

ナンバーズ6は、市川レノが使用に向けて動いている段階で、おそらく今後もレノが使用していくことになりそうです。かつて怪獣の王と呼ばれた怪獣6号から造られた兵器であり、スーツからは近くにいたら凍りつきそうなくらいの冷気が感じられます。また、戦闘スタイルは氷を主とした攻撃を繰り出しているようですが、ナンバーズ6の詳細や怪獣6号の戦闘については描かれていないため、実際にどのような特性を持つ兵器であるのかは今のところはっきりしていません。

怪獣10号

ナンバーズ10は、今後怪獣10号が兵器化され、それを保科宗四郎が使用すると考えられています。怪獣10号の戦闘スタイルといえば、肉弾戦メインの近接戦であるため、おそらくその特徴が生きたナンバーズになることが予測されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次